レーザー脱毛基礎知識:ジュールは

レーザー脱毛は、統一な灯の束であるレーザー灯によって脱毛行う。実際には、脱毛部位にレーザー灯を照射しますといった、そちらのヘアーの毛根部分に残るメラニン色素という作動して発熱行う。こういう気迫で毛根といった周囲の細胞をこわしてヘアーの生育を終わるというものです。但し、レーザー灯の精気を適度に調節しませんという発熱量が大きすぎて火傷等の危険があります。
ところで、レーザー脱毛で扱うレーザー灯の精気を客観的にわかるために、物理や光学繋がりで使われる精気の単位のジュール(J)を使います。こういう単位は一般的に使われることが少ないですから、わかりにくいかもしれません。これを身近な案件でみてみますと、1Jは1Wの電球を1秒間点灯した時に使う精気と同じです。20Jでしたら20Wの電球を1秒間点灯した時に使う精気と同じになります。また、1ccの水の気温を1度引き上げるために取り扱う精気を1カロリー(cal)といいますが、1calは4.184Jと定められています。
レーザー脱毛で取り扱う機械は、出力するレーザー灯の精気の最高額が、20Jから40Jといった大きいですから、脱毛講じる人によって精気を調節してオペレーション行う。しかし、才能精気がおっきいほうが、脱毛成果も大きくなります。